Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

createCGLayerWithSize:info:

サイズと属性辞書でレイヤーを 作ります
-(CGLayerRef)createCGLayerWithSize:(CGSize)size:
         info:(CFDictionaryRef)d:

解説

サイズと属性辞書でレイヤーを 作ります。

返り値

( CGLayerRef )

なし

引数

( CGSize )size
( CFDictionaryRef )d

クラス

CIContext

Instance Methods

使用可能

10.4

参照

例文

CIContext*		ciContext = [CIContext contextWithCGContext:(CGContextRef)[[NSGraphicsContext currentContext] graphicsPort] options:nil];
				//宛先矩形を計算
				CGSize imageSize = CGSizeMake(100, 100);
				CGLayerRef myLayerRef = [ciContext createCGLayerWithSize:imageSize info:nil];

				printf("-------------------------------------\n");
				CFShow(myLayerRef);
				printf("-------------------------------------\n");