Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setObjectValue:

**

-(void)setObjectValue:(id <NSCopying>)obj:

解説

レシーバーのオブジェクト値をセットします。
もしsetObjectValue:がNSURL オブジェクトと呼び出されていたら、setURL: が自動的に呼び出される。
objectValue メソッドは最も最近セットされたURLを返します。
setObjectValue: メソッドはパスセパレータ(/)で区切られた文字列値も扱うことができる。
その他の値はプログラムエラーとなり、アサーションを起こすでしょう。

返り値

( void )

引数

( id <NSCopying> )obj

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSPathCell

使用可能

10.5

参照

例文