Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setPixel:atX:y:

-(void)setPixel:(unsigned int[])pixelData:
                 atX:(int)x:
                 y:(int)y:

解説

x,y座標でレシーバーのピクセルに
pixelDataの生のピクセル値をセットします。
値は
レシーバーのビットマップフォーマットに適した形でなければいけません。
小さなピクセルサンプル値
は整数値が渡されます。
浮動小数点w隊は整数の配列にキャストされます。

返り値

( void )

なし

引数

( unsigned int[] )pixelData
( int )x
( int )y

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSBitmapImageRep

Instance Methods

使用可能

10.4

参照

-getPixel:atX:y:

例文