Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

objectsByEvaluatingWithContainers:

オブジェクトを返す
-(id)objectsByEvaluatingWithContainers:(id)containers:

解説

オブジェクトを返す。
indicesOfObjectsByEvaluatingWithContainer:count:を起動する。
キーバリューコーディングを使用する。
複数の一致があればNSArrayで返される。一致するものが無ければNSNullが代わりになる。
コンテナがNSArrayなら、メソッドは各エレメントを評価して対応するスロットの評価されたオブジェクトを返す。(NSNullを含む)

返り値

( id )

オブジェクト

引数

( id )containers

コンテナ

クラス

NSScriptObjectSpecifier

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- objectsByEvaluatingSpecifier

例文

- (id)deleteItem:(NSDeleteCommand *)command
{
     NSScriptObjectSpecifier *fileToDeleteSpecifier = [command 
keySpecifier];
     TheFile *fileToDelete = [fileToDeleteSpecifier 
objectsByEvaluatingWithContainers: self];
     if (fileToDelete != nil)
         [self removeSubObject: fileToDelete];
     return nil;
}

NSLog([[baseSpec objectsByEvaluatingWithContainers:prop]  description]);