macOS/iOS API解説

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。2010年代に書かれた内容です。今後更新はありません。

目次

performSelector:

レシーバーにメッセージを送って、メッセージの結果を返します
-(id)performSelector:(SEL)aSelector

解説

レシーバーにメッセージ(aSelector)を送って、メッセージの結果を返します。
SELはセレクタ。@selector()で表される。

コンパイル時にはエラーとならないので注意。
-Wundeclared-selector オプションをつけてコンパイルする。

@selector( description )

返り値

( id )

オブジェクト

引数

( SEL )aSelector

セレクタ

クラス

NSObject

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- performSelector:withObject:
- performSelector:withObject:withObject:

例文

//1
SEL method = (status) ? @selector(show:) : @selector(hide:) ;
[self performSelector: method ];

//2
[self performSelector: @selector(description)];