Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

contentView

INDEX>AppKit>NSWindow

ウインドウの内容ビュー

Objective-C

@property(strong) id contentView

Swift

var contentView: AnyObject

解説

ウインドウの内容ビュー。

設定値

Objective-C

id

Swift

contentView: AnyObject

主としてNSViewのサブクラス

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWindow

使用可能

10.0

関連記事(外部リンク)

Cocoa探検隊 frameとboundsの関係

例文

[scrollView contentView]
///
NSView *windowView =   [myWindow contentView];
[windowView rotateByAngle:10];

[myWindow setContentView:windowView];

Swift
f:id:jjj777:20150219235759p:plain

//NSWindow contentView
    @IBAction func function009(sender: AnyObject) {
        var aWindow : NSWindow
        = NSWindow(contentRect: NSMakeRect(0.0, 0.0, 300.0, 200.0),
            styleMask: NSTitledWindowMask
                | NSClosableWindowMask
                | NSMiniaturizableWindowMask
                | NSResizableWindowMask,
            backing: .Buffered,
            defer: false,
            screen: NSScreen.mainScreen())
        windowArray.addObject(aWindow) //ウインドウを保持するための配列に追加。アプリ終了時に配列は破棄
        aWindow.center()//ウインドウをスクリーンの中心に
        aWindow.title = "ウインドウタイトル"//タイトル設定
        //text field
        var textField : NSTextField = NSTextField(frame: NSMakeRect(50.0, 50.0, 100.0, 30.0))
        aWindow.contentView.addSubview(textField)
        aWindow.orderFront(self)//前面に
        
        aWindow.orderFront(self)//前面に
        aWindow.makeKeyAndOrderFront(self)//表示
    }

編集時のバージョン

10.10