Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

compare:options:range:

INDEX>Foundation>NSString>

オプション付きで範囲を指定して文字列を比較して結果を返します
-(NSComparisonResult)compare:(NSString *)aString
             options:(unsigned)mask
             range:(NSRange)aRange

解説

オプション付きで範囲を指定して文字列を比較して結果を返します。
【比較オプション】
● NSCaseInsensitiveSearch 大文字小文字関係なく比較する
● NSLiteralSearch 大文字小文字を区別して比較する
レシーバの範囲を越えたらNSRangeExceptionを起こします。

返り値

( NSComparisonResult )

比較結果

引数

( NSString * )aString

比較する文字

( unsigned )mask

比較オプション

( NSRange )aRange

比較範囲

クラス

NSString

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- caseInsensitiveCompare:
- isEqualToString:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
NSString *str1 = [NSString stringWithString:@"Ab"];
NSString *str2 = [NSString stringWithString:@"AbC"];
NSString *str3 = [NSString stringWithString:@"AbB"];

if ([str2 compare:str1 options:NSCaseInsensitiveSearch range:NSMakeRange(0,1)] == NSOrderedSame){
            NSLog(@"YES");
        }else{
            NSLog(@"NO");
        }
if ([str3 compare:str1 options:NSCaseInsensitiveSearch range:NSMakeRange(0,1)] == NSOrderedSame){
            NSLog(@"YES");
        }else{
            NSLog(@"NO");
        }
}

@end