Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

-subdataWithRange:

INDEX>Foundation> NSData

範囲で指定されるレシーバーのバイト列のデータオブジェクトを返します

Objective-C

-(NSData *)subdataWithRange:(NSRange)aRange

swift

func subdataWithRange(_ range: NSRange) -> NSData


apple(OS X) apple(iOS)

解説

範囲で指定されるレシーバのバイト列のデータオブジェクトを返します。
指定する範囲がレシーバーの範囲の中でなければ、NSRangeExceptionが起こされます。

返り値

Objective-C

( NSData * )

Swift


    

データ

引数

Objective-C

( NSRange )aRange

Swift


    


範囲

クラス

NSData

使用可能

10.0
2.0

参照

関連記事(外部サイト)

更新時バージョン

OS X 10.10
iOS 8.0

例文

#import "SetImage.h"

@implementation SetImage

- (IBAction)set:(id)sender
{
NSString *str = @"This is a pen.";
NSData *dat1 = [NSData dataWithBytes:[str cString] length:[str cStringLength]];
NSData *dat2 = [dat1 subdataWithRange:NSMakeRange(2,5)];
NSLog([dat2 description]);
}

@end