Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

writeToURL:atomically:

INDEX>Foundation> NSData

anURLによって指定される場所にデータを書き込みます

Objective-C

-(BOOL)writeToURL:(NSURL)anURL
        atomically:(BOOL)flag

Swift


    

解説

指定したURLにレシーバのデータを書きます。
atomicallyがYESなら、一旦別のファイルに書いて、指定した名前に変えます。
書き込みがうまくいけばYESを返します。

返り値

書き込めたかYES/NO
Objective-C

( BOOL )

Swift


    

引数

URL

Objective-C

( NSURL )anURL

Swift


    

安全に書き込むかYES/NO

Objective-C

( BOOL )flag

Swift


    

クラス

NSData

使用可能

10.0

参照

関連記事(外部サイト)

更新時バージョン

OS X 10.10
iOS 8.0

例文

//testWritetext.txtのファイルが警告無しで下記変わるので注意!!!!
#import "SetImage.h"

@implementation SetImage

- (IBAction)set:(id)sender
{
NSURL *url = [NSURL URLWithString:@"file:///testWritetext.txt"];
//@"file:///testWritetext.txt"とするとローカルディスクのトップの階層
//@"file://~user/testWritetext.txt"とするとユーザー名"user"のトップの階層
NSString *str = @"This is a pin.";
NSData *dat1 = [NSData dataWithBytes:[str cString] length:[str cStringLength]];

if ([dat1 writeToURL:url atomically:YES]){
    NSLog(@"YES");
}else{
    NSLog(@"NO");
}
}

@end