macOS/iOS API解説

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。2010年代に書かれた内容です。今後更新はありません。

目次

+arrayWithObjects:count:

INDEX>Foundation>NSArray

オブジェクトからcountで指定された数のオブジェクトを抜き出して配列を作って、返します。
+ (instancetype)arrayWithObjects:(const id [])objects 
     count:(NSUInteger)count

解説

オブジェクト(objects)からcountで指定された数のオブジェクトを抜き出して配列を作って、返します。

返り値

( instancetype )

配列(NSArrayまたはそのサブクラス)

引数

( const id [] )objects

オブジェクトの配列

( NSUInteger )count

カウント

クラス

NSArray

使用可能

10.0
iOS2.0

例文

#pragma mark arrayWithObjects:count:
-(void)method007
{
    NSString *strings[5];
    strings[0]=@"Jan";
    strings[1]=@"Feb";
    strings[2]=@"Mar";
    strings[3]=@"Apr";
    strings[4]=@"May";
    
    NSArray *anArray = [NSArray arrayWithObjects:strings count:3];
    NSLog(@"007 %@",[anArray description]);
    
    //=>(Jan,Feb,Mar)
}

編集時のバージョン

OS X 10.8
iOS 7.0