Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

-initWithContentsOfURL:

anURLの内容で配列を作って返します
-(id)initWithContentsOfURL:(NSURL*)aURL

解説

URLの中身で配列を作って返します。
URLはwriteToURL:atomically: で書き出された配列のファイルでないといけません。
配列にはNSString、NSData、NSArray、NSDictionaryだけを含まないといけません。
ファイルの内容を解析できなかったり、ファイルを開くことが出来なければnilを返します。

返り値

( id )

配列(NSArrayまたはそのサブクラス)

引数

( NSURL* )aURL

NSURLオブジェクト

クラス

NSArray

Instance Methods

使用可能

10.0
iOS2.0

例文

#pragma mark initWithContentsOfURL:
-(void)method030
{
    NSString *resourcePath = [[NSBundle mainBundle] pathForResource:@"plistfile" ofType:@"plist"];
    NSURL *url = [NSURL fileURLWithPath:resourcePath];
    
    NSArray *anArray = [[NSArray alloc] initWithContentsOfURL:url];
    NSLog(@"%s = %@",__FUNCTION__,[anArray description]);
    //バンドル内のplistfile.plistファイルからNSArrayがつくられる。
    //=>(aaa,2,bbb,ccc)
    
    //
    NSMutableArray *muArray = [[NSMutableArray alloc] initWithContentsOfURL:url];
    NSLog(@"%s = %@",__FUNCTION__,[muArray description]);
    [muArray removeObjectAtIndex:1];
    NSLog(@"%s = %@",__FUNCTION__,[muArray description]);
    
}

編集時のバージョン

OS X 10.8
iOS 7.0