macOS/iOS API解説

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。2010年代に書かれた内容です。今後更新はありません。

目次

encodePoint:forKey:

位置をコード化します
-(void)encodePoint:(NSPoint)point:
          forKey:(NSString *)key:

解説

位置(NSPoint)をコード化します。
デコードする時に検索するキーが使えます。サブクラスでは、オーバーライドしてはいけません。
キー付きのアーカイブはNSKeyedArchiverとNSKeyedUnarchiverを使います。
サブクラスで-allowsKeyedCodingをオーバーライドしてYESを返さなければいけません。

返り値

( void )

なし

引数

( NSPoint )point

位置

( NSString * )key

取り出すときのキー

クラス

NSCoder

Instance Methods

使用可能

10.2

参照

例文

#import "MyView.h"

@implementation MyView

//アンアーカイブするときの手順の記述
- (id)initWithCoder:(NSCoder *)decoder
{
    NSLog([NSString stringWithFormat:@"%f",[decoder decodePointForKey:@"key"].x]);
    return self;
}
//アーカイブするときの手順の記述
- (void)encodeWithCoder:(NSCoder *)encoder
{
    [encoder encodePoint:NSMakePoint(2,3) forKey:@"key"];

}
@end