Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setCachesBezierPath:

INDEX>AppKit>NSBezier

このオブジェクトは画像をキャッシュするかをセットします

Objective-C

Swift

-(void)setCachesBezierPath:(BOOL)flag:

解説

このオブジェクトは画像をキャッシュするかをセットします。
YESをセットするとキャッシュされます。
NOをセットするとされません。

返り値

Objective-C

Swift

( void )

なし

引数

Objective-C

Swift

( BOOL )flag

キャッシュするかYES/NO

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSBezierPath

使用可能

10.0

参照

- cachesBezierPath

例文

Objective-C

#import "MyView.h"

@implementation MyView

//NSViewのサブクラス MyViewのDrawRectに上書き
-(void)drawRect:(NSRect)rect
{

NSBezierPath *thePath1 = [NSBezierPath bezierPath];
[thePath1 setWindingRule:NSEvenOddWindingRule];

[thePath1 moveToPoint:NSMakePoint(20,20)];

[thePath1 appendBezierPathWithOvalInRect:NSMakeRect(50,50,100,100)];
[thePath1 appendBezierPathWithOvalInRect:NSMakeRect(20,20,80,80)];



[[NSColor redColor] set];
[thePath1 fill];
[thePath1 setCachesBezierPath:YES];

}

@end

Swift