Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

value:withObjCType:

値オブジェクトを値とタイプで作って返します
+(NSValue *)value:(const void *)value:
               withObjCType:(const char *)type:

解説

値オブジェクトを値とタイプで作って返します。
typeは@encode()コンパイラディレクティブで作成したものでなければなりません、C文字列でハードコーディングしてはいけません。

【オブジェクティブタイプ】
● @encode(NSRange) 範囲
● @encode(char *) C文字列
...

返り値

( NSValue * )

値オブジェクト

引数

( const void * )value

( const char * )type

タイプ

クラス

NSValue

Class Methods

使用可能

10.0

参照

+ valueWithBytes:objCType:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
	//単にポインタを渡す場合
	NSString *anObject = @"Obj-C string";
	NSValue *theValue = [NSValue value: &anObject withObjCType:@encode(NSString)];
	id theObj;
	[theValue getValue:&theObj];
	NSLog(@"---%@",theObj);

	//おわり
	NSLog(@"end---");
}

@end