Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

addTimeInterval:

INDEX>Foundation>NSDate>

日付時間オブジェクトから秒数分進めたり、戻ったりする日付時間を返します

OS X 10.6,iOS 4.0で非推奨
(日付を変更した際に問題が起きるので)

-(id)addTimeInterval:(NSTimeInterval)seconds:

解説

日付時間オブジェクト(NSDate)から秒数分(seconds)進めたり、戻ったりする日付時間を返します。
【NSTimeInterval】
● 秒数をdouble数値で指定します。

返り値

( id )

時間

引数

( NSTimeInterval )seconds

時間間隔(秒)

クラス

NSDate

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- initWithTimeInterval:sinceDate:
- timeIntervalSinceDate:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
NSDate *theDate;
theDate = [NSDate dateWithString:@"2002-12-03 04:56:00 +0900"];
[theDate addTimeInterval:3600];

[myOutlet setStringValue:[theDate description]];
}

@end