Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

removeObjectIdenticalTo:

変更可能な配列から指定したオブジェクトを削除します
-(void)removeObjectIdenticalTo:(id)anObject:

解説

変更可能な配列から指定したオブジェクトを削除します。
このメソッドはindexOfObjectIdenticalTo:メソッドを使ってオブジェクトを探し、removeObjectAtIndex:で取り除きます。
オブジェクトのマッチングにはオブジェクトのアドレスを使います。

返り値

( void )

なし

引数

( id )anObject

オブジェクト

クラス

NSMutableArray

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- removeAllObjects
- removeLastObject
- removeObject:
- removeObjectAtIndex:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
NSArray *arr1 = [NSArray arrayWithObjects:@"iti", @"ni", nil];
NSMutableArray *muArr = [NSMutableArray arrayWithCapacity:1];
[muArr addObjectsFromArray:arr1];
NSLog([muArr description]);
[muArr removeObjectIdenticalTo:@"iti"];
NSLog([muArr description]);
}

@end