Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSMakePoint

NSPointを作って返します
NSPoint  NSMakePoint ( 
          float   x , 
          float   y );

解説

NSPointを作って返します。後で変更しない定数の場合にはstatic NSPoint thePoint = {0.0, 0.0};で作成できます。

返り値

引数

( float )x
( float )y

クラス

NSMakePoint

Function

使用可能

10.0

参照

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
NSPoint aRect = NSMakePoint(100,100);
NSPoint bRect = NSMakePoint(100,100);

if (NSEqualPoints(aRect,bRect)){
        NSLog(@"YES");
    }else{
        NSLog(@"NO");
    }

}

@end