Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSFilePresenterクラス

INDEX>Foundation>NSFilePresenter

apple(iOS)
apple(OS X)

継承 NSObject
準拠 NSObject (NSObject)
フレームワーク /System/Library/Frameworks/Foundation.framework
使用可能 OS X 10.7以降
iOS 5.0以降
定義 NSFilePresenter.h

概要

提示されたファイルまたはディレクトリのURL
presentedItemURL property

プレゼンター関連のメッセージを実行するオペレーションキュー(読み取り専用)
presentedItemOperationQueue property

ファイルの管理を断念

別のオブジェクトまたはプロセスが提示されたファイルまたはディレクトリを読みたいオブジェクトに通知します。
– relinquishPresentedItemToReader

別のオブジェクトまたはプロセスが提示されたファイルまたはディレクトリへの書き込みを使用としているオブジェクトに通知します。
– relinquishPresentedItemToWriter

ファイルの変更の取り扱い

提示された項目の保存されていない変更を保存するようにオブジェクトに指示します。
– savePresentedItemChangesWithCompletionHandler

提示された項目が削除されようとしていることを伝える
– accommodatePresentedItemDeletionWithCompletionHandler

提示された項目が移動したり名前の変更をしたことを伝えます。
– presentedItemDidMoveToURL

提示された項目の内容または属性が変更されたことを伝える。
– presentedItemDidChange

バージョン変更の反応

ファイルまたはファイルパッケージの新しいバージョンが追加されたことをデリゲートに通知する(必須)
– presentedItemDidGainVersion

ファイルまたはファイルパッケージのバージョンが削除されたことをデリゲートに通知する(必須)
– presentedItemDidLoseVersion

いくつかの他のエンティティはプレゼンターのファイルまたはファイルパッケージのバージョン競合を宇解決しているとデリゲートに伝える
– presentedItemDidResolveConflictVersion

提示されたディレクトリ内の項目は、新しいバージョンを得たことをデリゲートにつたえます(必須)
– presentedSubitemAtURL:didGainVersion

提示されたディレクトリ内の項目は既存のバージョンを失ったことをデリゲートに通知します。(j必須)
– presentedSubitemAtURL:didLoseVersion

提示されたディレクトリ内の項目は外部エンティティによってバージョンの競合を解決したことをデリゲートに通知します。
– presentedSubitemAtURL:didResolveConflictVersion

提示されたディレクトリへの変更の取り扱い

いくつかのエンティティが示されたディレクトリの中にある項目を削除しようとしていることを伝える(必須)
– accommodatePresentedSubitemDeletionAtURL:completionHandler

項目が提示されたディレクトリに追加されたことをデリゲートに通知します。(必須)
– presentedSubitemDidAppearAtURL

提示されたディレクトリ内の項目が新しい場所に移動したとデリゲートに伝えます。(必須)
– presentedSubitemAtURL:didMoveToURL

指定された項目の内容または属性が変更されたことをデリゲートに通知します。
– presentedSubitemDidChangeAtURL


メソッド

定数


サブクラス化の注意