Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setFrameRotation:

superviewの範囲内でレシーバを回転させる
-(void)setFrameRotation:(float *)angle:

解説

親ビューの範囲内でビューを回転させます。
【angle】
● 正の値は反時計回り
● 負の値は時計回りに回転させる。
フレーム矩形の起点を中心に回転します。
再描画されないので、setNeedsDisplay:やdisplayで再描画させます。
デフォルトの通知センターにNSViewFrameDidChangeNotificationを通知します。

返り値

( void )

なし

引数

( float * )angle

回転する角度

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSView

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- frameRotation
- setBoundsRotation:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{

        [sender setFrameRotation : 30.2 ];


  [sender display];


}

@end