Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSLog

ログを表示する
void  NSLog ( 
       NSString *   format , 
       ...   ... );

解説

ログを表示する
void NSLog(NSString *format, ...)
●__LINE__で行数を表示
NSLog(@"%d: failed", __LINE__);
●__PRETTY_FUNCTION__で関数またはメソッドを表示
●__FILE__でファイル名を表示(フルパス)
【format】
● %@  文字
●%% '%' 文字

●%zd NSInteger型

●%d, %D, %i 符号あり32ビット整数数値 (long)
● %d intを符号付き10進数で表示
●%04d 4桁の符号あり32ビット整数数値、不足の桁は0で補う
●%ld

● %o intを符号付き8進数で表示
●%o, %O 32ビット整数数値(unsigned long)

● %u intを符号なし10進数で表示
●%qi 符号あり64ビット整数数値(long long)
●%qu 符号なし64ビット整数数値(unsigned long long)

●%qx 符号なし64ビット整数数値(unsigned long long)。0-9とa-fで表記
●%qX 符号なし64ビット整数数値(unsigned long long)。0-9とA-Fで表記

●%u, %U 符号なし32ビット整数数値r (unsigned long)

●%hi 符号あり16ビット整数数値 (short)
●%hu 符号なし16ビット整数数値 (unsigned short)

● %x intを符号なし16進数で表示「abcdef」を使用
● %X intを符号なし16進数で表示「ABCDEF」を使用
●%xx 符号あり32ビット整数数値(unsigned long long)。0-9とa-fで表記
●%X 符号あり32ビット整数数値(unsigned long long)。0-9とA-Fで表記

●%f 64ビット浮動小数点数値(double)
●%e 64ビット浮動小数点数値(double)
●%E 64ビット浮動小数点数値(double)
●%g 64ビット浮動小数点数値(double)
●%G 64ビット浮動小数点数値(double)

doubleは8バイト10の-307乗から10の308乗まで 15桁が有効
floatは4バイト 10の-37乗から10の38乗まで 6桁有効

● %e doubleを[-]d.dddd e [+/-]dddの指数表示
● %f doubleを[-]dddd.ddddで表示
● %.2f doubleを小数点第2位まで表示する
● %.1f doubleを小数点第1位まで表示する
● %g doubleをeかfのうち、表現できる精度で短い方で表示


●%c 8ビット文字 \\dddまたは\\udddd フォーマット
●%C 16ビットユニコード文字 \\dddまたは\\udddd フォーマット

●%s NULL終端の8ビット文字列
●%S NULL終端の16ビットユニコード文字
●%p ポインタ
%-33s
%08lx
こんな使い方もできる

  • (void)doesNotRecognizeSelector:(SEL)aSelector {

NSLog(@"doesNotRecognizeSelector: %s", aSelector);
}
//NSLog(@"[CLASS dealloc] %p", self);
● \n 改行
● \r

返り値

( void )

なし

引数

( NSString * )format
( ... )...

クラス

NSLog

Function

使用可能

10.0

参照

NSLogv

関連記事


Snip2Code - [ObjcC] NSLogをコンソールとファイル両方に出力する

例文

Objective-C

NSLog([sender alternateTitle]);

NSLog(@"theMessage");
NSLog( @"\t aaaaa: %@", [ theObject className ] );
NSLog( @"\t bbbbb: %@",[ theObject description ] );

NSLog( @"%@%@%@%@", @"aaaaa", @"bbbbbbb",
        [ NSString stringWithCharacters:[ theMutableData mutableBytes ]
            length:4 ], @"ddddddd" );

NSLog(@"image_type = %c%c%c%c", type[0], type[1], type[2], type[3]);
NSLog(@"eype %d", err);


NSLog(@"undoForMoveAnchor %zd", theselectPathNumber);