Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

stopModalWithCode:

INDEX>AppKit>NSApplication

モーダルイベントループを止めます

Objective-C

-(void)stopModalWithCode:(NSInteger)returnCode:

Swift

func stopModalWithCode(_ returnCode: Int)

解説

指定したリターンコードでモーダルイベントループを止めます。
モーダルイベントループの中からループを止めるにはstopModalまたは - stopModalWithCodeを呼びます。

外からループを止めるにはabortModalを呼びます。

返り値

( void )

なし

引数

( NSInteger )returnCode

リターンコード。任意の整数。どのボタンを押したかなどに利用する。

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSApplication

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- abortModal

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller
NSInteger modaiReturnCode;

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
	modaiReturnCode=[[NSApplication sharedApplication] runModalForWindow:panel];
	NSLog(@"modaiReturnCode %d",modaiReturnCode);
	
}
- (IBAction)stopModal:(id)sender
{
	[NSApp stopModalWithCode:modaiReturnCode];
	[[sender window] orderOut:self];
}

@end
    //Modal windowの表示
    private let RETURN_NO  :Int = 0 // モーダルの戻り判定 NO
    private let RETURN_YES :Int = 1 // モーダルの戻り判定 YES

    //NSApplication runModalForWindow
    @IBAction func function008(sender: AnyObject) {
        //newWindowはNIBで作られているwindow
        //@IBOutlet weak var newWindow: NSWindow!
        let anApplication = MyApplication.sharedApplication()
        var result = anApplication.runModalForWindow(newWindow)
        
        //モーダルが閉じられた場合の結果が帰ってくる
        
        switch result {
        case RETURN_NO :
            NSLog("NO")
            break
        case RETURN_YES :
            NSLog("YES")
        default :
            break
        }
        
    }
    //NSApplication stopModalWithCode:
    //モーダルを終了する。コードは任意の整数。押されたボタンを判定するときなどに使う
    @IBAction func function010(sender: AnyObject) {
        NSLog("stopModalWithCode")
        let anApplication = MyApplication.sharedApplication()
        anApplication.stopModalWithCode(RETURN_YES)
        newWindow.orderOut(self)
    }