Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

attributesAtIndex:effectiveRange:

INDEX>Foundation>NSAttributedString

属性付き文字列の属性の番号で指定してその文字属性を辞書で返します
-(NSDictionary *)attributesAtIndex:(unsigned)index:
           effectiveRange:(NSRangePointer)aRange:

解説

属性付き文字列の番号(index)で指定してその文字属性を辞書で返します。
範囲(aRange)のポインタにはその属性の範囲が返されます。
番号が属性付き文字列の属性の数より多ければNSRangeExceptionを起こします。

返り値

( NSDictionary * )

文字属性辞書

引数

( unsigned )index

番号

( NSRangePointer )aRange

範囲

クラス

NSAttributedString

Instance Methods

使用可能

10.0
iOS3.2

参照

- attributesAtIndex:effectiveRange:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{//開けるファイル拡張子の配列
    NSArray      *fileTypes    = [ NSArray arrayWithObject : @"rtf" ];
    //OpenPanelを作る
    NSOpenPanel  *opPanel       = [ NSOpenPanel openPanel ];
    
    NSAttributedString *aString;
    //OpenPanelの結果のボタン番号
    int		  opRet;
     NSRange bRange; 

        //OpenPanelでファイル選択   
    opRet = [ opPanel runModalForDirectory : NSHomeDirectory() //どこのディレクトリを出すか
                                     file : @"Documents" //どのどのファイルを選択しておくか
                                    types : fileTypes ];//選べるファイルタイプ

    if ( opRet == NSOKButton ) {  // OPENPanelのボタンがOKなら
      aString = [[NSAttributedString allocWithZone:[self zone]] initWithPath:[opPanel filename] documentAttributes:NULL];
 [image lockFocus];
[aString drawInRect:[image bounds]];
 [image unlockFocus];
 

NSLog([[aString attributesAtIndex:1 effectiveRange:&bRange] description]);
NSLog([NSString stringWithFormat:@"%d,%d",bRange.location,bRange.length]);
}
}
@end