Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

0-05-29から1日間の記事一覧

doubleAction

** 解説 レシーバーのダブルクリックアクションメソッドを返します。 返り値 ( SEL ) ユーザーがレシーバーをダブルクリックした時に起動するアクションメソッド 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSPathCell 使用可能 10.5 参照 例文 - (SEL)doub…

delegate

** 解説 レシーバーのデリゲートを返します。 返り値 ( id ) レシーバーのデリゲート 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSPathCell 使用可能 10.5 参照 例文 - (id)delegate

clickedPathComponentCell

** 解説 クリックされたセルを返します。 返された値は、通常アクションやダブルクリックが送られたときだけに有効です。 返り値 ( NSPathComponentCell * ) クリックされたコンポーネントセル、クリックされたセルがなければnil。 引数 フレームワーク Appl…

backgroundColor

** 解説 レシーバーの現在のバックグラウンドカラーを返します。 返り値 ( NSColor * ) バックグラウンドカラー 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSPathCell 使用可能 10.5 参照 例文 - (NSColor *)backgroundColor

allowedTypes

** 解説 セルが編集可能なとき、認められるパスのコンポーネントタイプを返します。 返り値 ( NSArray * ) ファイル拡張子かUTIを表す文字列の配列。空の配列でも許される。nilでもよい 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSPathCell 使用可能 10.5…

pathComponentCellClass

** 解説 自動的にコントロールに記入するときpathComponentCell オブジェクトの作成に使うクラスを返します。 サブクラスは、自動的に使われるカスタムセルクラスを返すためにこのメソッドをオーバーライドできます。 デフォルトではメソッドは[NSPathCompon…

view

** 解説 レシーバーが内容の表示に使うビューを返します。 返り値 ( NSView * ) レシーバーが内容の表示に使うビュー 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSLayoutItem 使用可能 10.5 参照 例文 - (NSView *)view

setView:

** -(void)setView:(NSView *)view: 解説 レシーバーが表示に使うビューをセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSView * )view フレームワーク ApplicationKit クラス NSLayoutItem 使用可能 10.5 参照 例文 - (void)setView:(NSView *)view

setSelected:

** -(void)setSelected:(BOOL)flag: 解説 レシーバーの選択状態をセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( BOOL )flag フレームワーク ApplicationKit クラス NSLayoutItem 使用可能 10.5 参照 例文 - (void)setSelected:(BOOL)flag

setRepresentedObject:

** -(void)setRepresentedObject:(id)object: 解説 レシーバーを表現するオブジェクトに指定のモデルオブジェクトをセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( id )object フレームワーク ApplicationKit クラス NSLayoutItem 使用可能 10.5 参照 例文 - (void)…

representedObject

** 解説 レシーバーを表すオブジェクトを返します。 返り値 ( id ) レシーバーを表すオブジェクト 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSLayoutItem 使用可能 10.5 参照 例文 - (id)representedObject

layoutView

** 解説 レシーバーのグリッドビューを返します。 返り値 ( NSGridView * ) レシーバーのグリッドビュー 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSLayoutItem 使用可能 10.5 参照 例文 - (NSGridView *)layoutView

isSelected

** 解説 レシーバーの選択状態を返します。 返り値 ( BOOL ) レシーバーの選択状態選択されていればYES/NO 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSLayoutItem 使用可能 10.5 参照 例文 - (BOOL)isSelected

setSelectionIndexes:

** -(void)setSelectionIndexes:(NSIndexSet *)indexes: 解説 指定の番号を使ってレシーバーの選択をセットします。 全てのレシーバーのオブジェクトを選択するには、インデックスを0からcount -1にセットします。 選択を解除するにはからのインデックスセッ…

setSelectable:

** -(void)setSelectable:(BOOL)flag: 解説 ユーザーが項目を選択することを許すかどうかコントロールします。 プログラムからは、この設定に関わらず操作できます。 返り値 ( void ) 引数 ( BOOL )flag フレームワーク ApplicationKit クラス NSGridView 使…

setMaxNumberOfRows:

** -(void)setMaxNumberOfRows:(NSUInteger)number: 解説 レシーバーが表示しようとする行の最大数をセットします。 0をセットすると、行の最大数は無しになります。 デフォルトは0です。 NSGridView インスタンスから、最大数と最小数両方のセットが可能で…

setMaxNumberOfColumns:

** -(void)setMaxNumberOfColumns:(NSUInteger)number: 解説 レシーバーが表示する列の最大数をセットします。 0をセットすると、最大数は無しになります。 デフォルトは0です。 NSGridView インスタンスから、最大数と最小数両方のセットが可能ですもし、内…

setLayoutItemPrototype:

** -(void)setLayoutItemPrototype:(NSLayoutItem *)controller: 解説 レシーバーのレイアウト項目プロトタイプとして特定のレイアウト項目をセットします。 返り値 ( void ) 引数 ( NSLayoutItem * )controller フレームワーク ApplicationKit クラス NSGri…

setGridMinSize:

** -(void)setGridMinSize:(NSSize)size: 解説 グリッドで個々のレイアウト項目を表示するときに使う最小サイズをセットします。 デフォルトは(0,0) レシーバーのレイアウト項目プロトタイプのビューがサイズ変更可能なら、最小サイズとしてセットできます。…

setGridMaxSize:

** -(void)setGridMaxSize:(NSSize)size: 解説 グリッドで個々のレイアウト項目の表示に使う最大サイズセットします。 (0,0)をセットすると最大サイズは無しになります。 デフォルトは(0,0) レシーバーのレイアウト項目プロトタイプのビューがサイズ変更可…