Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

QTMovie

muted

ミュート設定を返します 解説 ミュート設定を返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文 #import "MyObject.h" //MyObject.hには //#import <QTkit/QTkit.h> //が必要 // IBOutlet QTMovieView</qtkit/qtkit.h>…

movieWithTimeRange:error:

範囲からムービーを作って返します -(QTMovie *)movieWithTimeRange:(QTTimeRange)range: error:(NSError **)errorPtr: 解説 範囲からムービーを作って返します。 返り値 ( QTMovie * ) なし 引数 ( QTTimeRange )range ( NSError ** )errorPtr フレームワー…

movieFormatRepresentation

ムービーフォーマットデータを返します 解説 ムービーフォーマットデータを返します。 返り値 ( NSData * ) なし 引数 フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

movieAttributes

ムービーのアトリビュートを返します 解説 ムービーのアトリビュートを返します。QTMovieActiveSegmentAttribute QTMovieApertureModeAttribute QTMovieCopyrightAttribute QTMovieCreationTimeAttribute QTMovieCurrentSizeAttribute QTMovieCurrentTimeAtt…

insertSegmentOfMovie:fromRange:scaledToRange:

指定した範囲のムービーを挿入します -(void)insertSegmentOfMovie:(QTMovie *)movie: fromRange:(QTTimeRange)srcRange: scaledToRange:(QTTimeRange)dstRange: 解説 指定した範囲のムービーを挿入します。 返り値 ( void ) なし 引数 ( QTMovie * )movie (…

insertSegmentOfMovie:timeRange:atTime:

指定した範囲のムービーを指定した位置に挿入します -(void)insertSegmentOfMovie:(QTMovie *)movie: timeRange:(QTTimeRange)range: atTime:(QTTime)time: 解説 指定した範囲のムービーを指定した位置に挿入します。 返り値 ( void ) なし 引数 ( QTMovie *…

insertEmptySegmentAt:

空のセグメントを挿入します -(void)insertEmptySegmentAt:(QTTimeRange)range: 解説 空のセグメントを挿入します。 返り値 ( void ) なし 引数 ( QTTimeRange )range フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

initWithURL:error:

URLから初期化します -(id)initWithURL:(NSURL *)url: error:(NSError **)errorPtr: 解説 URLから初期化します。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 ( NSURL * )url ( NSError ** )errorPtr フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可…

initWithQuickTimeMovie:disposeWhenDone:error:

ムービーから初期化します -(id)initWithQuickTimeMovie:(Movie)movie: disposeWhenDone:(BOOL)dispose: error:(NSError **)errorPtr: 解説 ムービーから初期化します。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 ( Movie )movie ( BOOL )dispose ( NSError ** )…

initWithPasteboard:error:

ペーストボードから初期化します -(id)initWithPasteboard:(NSPasteboard *)pasteboard: error:(NSError **)errorPtr: 解説 ペーストボードから初期化します。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 ( NSPasteboard * )pasteboard ( NSError ** )errorPtr フ…

initWithMovie:timeRange:error:

ムービーの指定した範囲から初期化します -(id)initWithMovie:(QTMovie *)movie: timeRange:(QTTimeRange)range: error:(NSError **)errorPtr: 解説 ムービーの指定した範囲から初期化します。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 ( QTMovie * )movie ( QT…

initWithFile:error:

ファイルからムービーを初期化します -(id)initWithFile:(NSString *)fileName: error:(NSError **)errorPtr: 解説 ファイルからムービーを初期化します。 返り値 ( id ) オブジェクト(QTMovie) 引数 ( NSString * )fileName ファイルパス ( NSError ** )e…

initWithDataReference:error:

データ参照から初期化します -(id)initWithDataReference:(QTDataReference *)dataReference: error:(NSError **)errorPtr: 解説 データ参照からQTMovieオブジェクトを作って初期化します。 QTMovieオブジェクトを作ることができなければerrorPtrのポインタ…

initWithData:error:

データから初期化します -(id)initWithData:(NSData *)data: error:(NSError **)errorPtr: 解説 データから初期化します。 返り値 ( id ) オブジェクト(QTMovie) 引数 ( NSData * )data ( NSError ** )errorPtr フレームワーク QtKit クラス QTMovie Insta…

initWithAttributes:error:

アトリビュートで初期化します -(id)initWithAttributes:(NSDictionary *)attributes: error:(NSError **)errorPtr: 解説 アトリビュートで初期化します。 返り値 ( id ) オブジェクト(QTMovie) 引数 ( NSDictionary * )attributes ( NSError ** )errorPtr…

gotoPosterTime

ポスターフレームに移動します 解説 ポスターフレームに移動します。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

gotoPreviousSelectionPoint

前の選択ポイントに移動します 解説 前の選択ポイントに移動します。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

gotoNextSelectionPoint

次の選択ポイントへ移動します 解説 次の選択ポイントへ移動します。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

gotoEnd

ムービーの最後へ移動します 解説 ムービーの最後へ移動します。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

gotoBeginning

最初のフレームに移動します 解説 最初のフレームに移動します。 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

frameImageAtTime:

指定した時間のフレームの画像を返します -(NSImage *)frameImageAtTime:(QTTime)time: 解説 指定した時間のフレームの画像を返します。 返り値 ( NSImage * ) なし 引数 ( QTTime )time フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.…

duration

継続期間を返します 解説 継続期間を返します。 返り値 ( QTTime ) 継続期間 引数 フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文 #import "MyObject.h" //MyObject.hには //#import <QTkit/QTkit.h> //が必要 // IBOutlet QTMovieView *mo</qtkit/qtkit.h>…

deleteSegment:

指定したセグメントを削除します -(void)deleteSegment:(QTTimeRange)segment: 解説 指定したセグメントを削除します。編集可能なムービーでなければ例外を起こします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( QTTimeRange )segment フレームワーク QtKit クラス QTMo…

delegate

ムービーのデリゲートオブジェクトを返します 解説 ムービーのデリゲートオブジェクトを返します。 返り値 ( id ) オブジェクト 引数 フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文 #import "MyObject.h" //MyObject.hには…

currentTime

現在の時間を返します 解説 現在の時間を返します。 返り値 ( QTTime ) なし 引数 フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文 #import "MyObject.h" //MyObject.hには //#import <QTkit/QTkit.h> //が必要 // IBOutlet QTMovieView *mo</qtkit/qtkit.h>…

currentFrameImage

現在のフレーム画像を返します 解説 現在のフレーム画像を返します。 返り値 ( NSImage * ) なし 引数 フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 -frameImageAtTime: -posterImage 例文 #import "MyObject.h" //MyObject.h…

canUpdateMovieFile

ファイルへアップデートできるかを返します 解説 ファイルへアップデートできるかを返します。 変更することができれば、YESを返します。 返り値 ( BOOL ) YES/NO 引数 フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文 #impo…

attributeForKey:

指定したキーで、アトリビュートを返します -(id)attributeForKey:(NSString *)attributeKey: 解説 指定したキーで、アトリビュートを返します。 【attributeKey】 ●QTMovieActiveSegmentAttribute アクティブセグメントNSValue(QTTimeRange) ●QTMovieAutoAl…

appendSelectionFromMovie:

** -(void)appendSelectionFromMovie:(id)movie: 解説 調査中... ムービーに現在の選択を追加する。 ムービーは編集可能である必要がある 返り値 ( void ) なし 引数 ( id )movie フレームワーク QtKit クラス QTMovie Instance Methods 使用可能 10.4 参照 …

addImage:forDuration:withAttributes:

ムービーに画像を追加します -(void)addImage:(NSImage *)image: forDuration:(QTTime)duration: withAttributes:(NSDictionary *)attributes: 解説 ムービーに画像を追加します。 ●QTAddImageCodecType 追加する画像コーデック NSString ●QTAddImageCodecQu…