Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

NSRuleEditor

selectRowIndexes:byExtendingSelection:

** -(void)selectRowIndexes:(NSIndexSet *)indexes: byExtendingSelection:(BOOL)extend: 解説 レシーバーで行の選択をインデックスでセットします。 もしインデックスが行の数より大きかったり0よりも小さければ、このメソッドは例外NSRangeExceptionを起…

selectedRowIndexes

** 解説 レシーバーの選択された行のインデックスを返します。 返り値 ( NSIndexSet * ) レシーバーの選択された行のインデックス 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 例文

rowTypeKeyPath

** 解説 行タイプのキーパスを返します。 デフォルトは@"rowType" キーパスはrowバインディングで行タイプの取得に使われます。 対応するプロパティはNSRuleEditorRowType値(Rule editor row typeを参照)で指定する数字 返り値 ( NSString * ) 行タイプの…

rowTypeForRow:

** -(NSRuleEditorRowType)rowTypeForRow:(NSInteger)rowIndex: 解説 与えられた行のタイプを返します。 もしrowIndexが0よりも小さかったり、行数以上だったらメソッドはNSRangeExceptionを起こします。 返り値 ( NSRuleEditorRowType ) rowIndexで指定した…

rowHeight

** 解説 レシーバーの行の高さを返します。 返り値 ( CGFloat ) レシーバーの行の高さ 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 例文

rowForDisplayValue:

** -(NSInteger)rowForDisplayValue:(id)displayValue: 解説 与えられた値を含む行の番号を返します。 返り値 ( NSInteger ) 引数 ( id )displayValue フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 例文

rowClass

** 解説 rowバインディングで新しい行を作る時に使うクラスを返します。 rowバインディングで新しい行を作るときに使うクラス デフォルトではNSMutableDictionaryクラス 返り値 ( Class ) 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 …

removeRowsAtIndexes:includeSubrows:

** -(void)removeRowsAtIndexes:(NSIndexSet *)rowIndexes: includeSubrows:(BOOL)includeSubrows: 解説 与えられた番号の行を取り除きます。rowIndexesの番号が行数以上、または0よりも小さければこのメソッドはNSRangeExceptionを起こします。 レシーバー…

removeRowAtIndex:

** -(void)removeRowAtIndex:(NSInteger)rowIndex: 解説 与えられた番号で行を取り除きます。 削除される行の全てのサブ行はデリートされる行の親の行の子になる。またはルート行をつくる もしrowIndexが行数以上、または0よりも小さければこのメソッドはNSR…

reloadPredicate

** 解説 対応するデリゲートメソッドを起動することによりその条件の再作成をレシーバーに指示する 返り値 ( void ) 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 例文

reloadCriteria

** 解説 デリゲートで再フェッチの判断があったとレシーバーに指示する 返り値 ( void ) 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 例文

predicateForRow:

** -(NSPredicate *)predicateForRow:(NSInteger)row: 解説 与えられた行の条件を返します。 直接呼び出す必要はあまりありませんが、サブクラスでオーバーライドできます。 返り値 ( NSPredicate * ) 行での条件式 引数 ( NSInteger )row フレームワーク Ap…

predicate

** 解説 条件を返します。 デリゲートの実装がruleEditor:predicatePartsForCriterion:withDisplayValue:inRow:ならレシーバーの条件を返します。 デリゲートの実装がruleEditor:predicatePartsForCriterion:withDisplayValue:inRow:、またはデリゲートが全…

parentRowForRow:

** -(NSInteger)parentRowForRow:(NSInteger)rowIndex: 解説 親の行の番号を返します。 rowIndexが0よりも小さい、または行数以上であればNSRangeExceptionを起こします。 返り値 ( NSInteger ) 親の行の番号、なければ-1 引数 ( NSInteger )rowIndex 行の番…

numberOfRows

** 解説 レシーバーの行の数を返します。 返り値 ( NSInteger ) レシーバーでの行の数 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 例文

nestingMode

** 解説 レシーバーのネストモードを返します。 返り値 ( NSRuleEditorNestingMode ) レシーバーのネストモード 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 – setNestingMode: 例文

isEditable

** 解説 レシーバーが編集可能か返します。 デフォルトはYES。 返り値 ( BOOL ) 編集可能ならYESを、そうでなければNOを返します。 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 – setEditable: 例文

insertRowAtIndex:withType:asSubrowOfRow:animate:

指定の位置に指定の行を追加します -(void)insertRowAtIndex:(NSInteger)rowIndex: withType:(NSRuleEditorRowType)rowType: asSubrowOfRow:(NSInteger)parentRow: animate:(BOOL)shouldAnimate: 解説 指定の位置に指定の行を追加します。 返り値 ( void ) …

formattingStringsFileName

** 解説 レシーバーの文字ファイルの名前を返します。 返り値 ( NSString * ) レシーバーの文字ファイルの名前 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 – setFormattingStringsFileName: 例文

formattingDictionary

** 解説 レシーバーのフォーマットされた辞書を返します。 返り値 ( NSDictionary * ) レシーバーのフォマットされた辞書 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 例文

displayValuesKeyPath

** 解説 キーパスの表示値を返します。 デフォルトは@"displayValues" キーパスはrowバインディングでの行の表示値を得るために使う 返り値 ( NSString * ) キーパスの表示値 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 – …

displayValuesForRow:

** -(NSArray *)displayValuesForRow:(NSInteger)row: 解説 行から与えられた選択値を返します。 返り値 ( NSArray * ) 行で選択した値(文字、ビューメニュー項目) 引数 ( NSInteger )row レシーバーでの行の番号 フレームワーク ApplicationKit クラス NS…

delegate

** 解説 デリゲートを返します。 返り値 ( id ) デリゲート 引数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 – setDelegate: 例文

criteriaKeyPath

** 解説 基準となるキーパスを返します。 デフォルトの値は@"criteria" キーパスは「rows」バインディングで行からの基準を得るのに使います 基準オブジェクトはruleEditor:child:forCriterion:withRowType:から返されたデリゲート タイプするプロパティはto…

criteriaForRow:

** -(NSArray *)criteriaForRow:(NSInteger)row: 解説 現在選択している項目を返します。 返り値 ( NSArray * ) 現在選択している項目 引数 ( NSInteger )row レシーバーでの行の数 フレームワーク ApplicationKit クラス NSRuleEditor 使用可能 10.5 参照 …

ruleEditorRowsDidChange:

** -(void)ruleEditorRowsDidChange:(NSNotification *)notification: 解説 デリゲートメソッド ルールエディタの行が変更されたことをレシーバーに通知します。 返り値 ( void ) 引数 ( NSNotification * )notification フレームワーク ApplicationKit クラ…

ruleEditor:predicatePartsForCriterion:withDisplayValue:inRow:

** -(NSDictionary *)ruleEditor:(NSRuleEditor *)editor: predicatePartsForCriterion:(id)criterion: withDisplayValue:(id)value: inRow:(NSInteger)row: 解説 デリゲートメソッド 与えられたcriterionを値によって条件の分析部分を表現する辞書を返しま…

ruleEditor:numberOfChildrenForCriterion:withRowType:

** -(NSInteger)ruleEditor:(NSRuleEditor *)editor: numberOfChildrenForCriterion:(id)criterion: withRowType:(NSRuleEditorRowType)rowType: 解説 デリゲートメソッド 与えられた標準または行タイプの子アイテムの番号を返します。 このメソッドの実装は…

ruleEditor:displayValueForCriterion:inRow:

** -(id)ruleEditor:(NSRuleEditor *)editor: displayValueForCriterion:(id)criterion: inRow:(NSInteger)row: 解説 デリゲートメソッド与えられた条件の値を返します。 返り値 ( id ) 引数 ( NSRuleEditor * )editor ( id )criterion ( NSInteger )row フ…

ruleEditor:child:forCriterion:withRowType:

** -(id)ruleEditor:(NSRuleEditor *)editor: child:(NSInteger)index: forCriterion:(id)criterion: withRowType:(NSRuleEditorRowType)rowType: 解説 デリゲートメソッド 与えられた番号で与えられた項目の子を返します。 返り値 ( id ) 引数 ( NSRuleEdit…