Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

0-05-22から1日間の記事一覧

initWithX:

ベクターのひとつの位置で初期化します -()initWithX:(float)x: 解説 調査中... ベクターのひとつの位置で初期化します。 返り値 引数 ( float )x フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

initWithValues:count:

複数の値でベクターを初期化します -()initWithValues:(const float *)values: count:(size_t)count: 解説 調査中... 複数の値でベクターを初期化します。 返り値 引数 ( const float * )values ( size_t )count フレームワーク QuartzCore クラス CIVector …

count

.ベクターでのアイテム数を返します 解説 調査中.. .ベクターでのアイテム数を返します 返り値 ( size_t ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

vectorWithX:Y:Z:W:

4つの位置でベクターを作って返します +(CIVector *)vectorWithX:(float)x: Y:(float)y: Z:(float)z: W:(float)w: 解説 調査中... 4つの位置でベクターを作って返します。 返り値 ( CIVector * ) なし 引数 ( float )x ( float )y ( float )z ( float )w フ…

vectorWithX:Y:Z:

3つの位置でベクターを作って返します +(CIVector *)vectorWithX:(float)x: Y:(float)y: Z:(float)z: 解説 調査中... 3つの位置でベクターを作って返します。 返り値 ( CIVector * ) なし 引数 ( float )x ( float )y ( float )z フレームワーク QuartzCore …

vectorWithX:Y:

2つの位置でベクターを作って返します +(CIVector *)vectorWithX:(float)x: Y:(float)y: 解説 調査中... 2つの位置でベクターを作って返します。 返り値 ( CIVector * ) なし 引数 ( float )x ( float )y フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Class M…

vectorWithX:

1つの位置でベクターを作って返します +(CIVector *)vectorWithX:(float)x: 解説 調査中... 1つの位置でベクターを作って返します。 返り値 ( CIVector * ) なし 引数 ( float )x フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Class Methods 使用可能 10.4 参…

vectorWithValues:count:

** +()vectorWithValues:(const float *)values: count:(size_t)count: 解説 調査中... 返り値 引数 ( const float * )values ( size_t )count フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Class Methods 使用可能 10.4 参照 例文

vectorWithString:

** +()vectorWithString:(NSString *)representation: 解説 調査中... 返り値 引数 ( NSString * )representation フレームワーク QuartzCore クラス CIVector Class Methods 使用可能 10.4 参照 -stringRepresentation 例文

initWithImage:options:

** -()initWithImage:(CIImage *)im: options:(NSDictionary *)dict: 解説 調査中... 返り値 引数 ( CIImage * )im ( NSDictionary * )dict フレームワーク QuartzCore クラス CISampler Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

initWithImage:keysAndValues:

** -()initWithImage:(CIImage *)im: keysAndValues:()key0, ...: 解説 調査中... 返り値 引数 ( CIImage * )im ( )key0, ... フレームワーク QuartzCore クラス CISampler Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

initWithImage:

** -()initWithImage:(CIImage *)im: 解説 画像オブジェクトでサンプラーを初期化します。 返り値 引数 ( CIImage * )im フレームワーク QuartzCore クラス CISampler Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

extent

** 解説 サンプラーの広がりを指定する矩形を得ます。 返り値 ( CGRect ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CISampler Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

definition

** 解説 サンプラーの定義のドメイン(DOD)を得ます。 返り値 ( CIFilterShape * ) サンプラーの定義のドメイン(DOD) 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CISampler Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

samplerWithImage:options:

** +(CISampler *)samplerWithImage:(CIImage *)im: options:(NSDictionary *)dict: 解説 オプションとして辞書を使いサンプラーを作ります。 返り値 ( CISampler * ) なし 引数 ( CIImage * )im ( NSDictionary * )dict フレームワーク QuartzCore クラス C…

samplerWithImage:keysAndValues:

** +(CISampler *)samplerWithImage:(CIImage *)im: keysAndValues:()key0, ...: 解説 キーバリューペアとして指定するオプションを使って画像に参照を付けるサンプラーを作ります。 返り値 ( CISampler * ) サンプラー 引数 ( CIImage * )im ( )key0, ... …

samplerWithImage:

** +(CISampler *)samplerWithImage:(CIImage *)im: 解説 画像のリファレンスサンプラーを作ります。 返り値 ( CISampler * ) なし 引数 ( CIImage * )im フレームワーク QuartzCore クラス CISampler Class Methods 使用可能 10.4 参照 例文

loadPlugIn:allowNonExecutable:

+(void)loadPlugIn:(NSURL*)url: allowNonExecutable:(BOOL)allowNonExecutable: 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( NSURL* )url ( BOOL )allowNonExecutable フレームワーク QuartzCore クラス CIPlugIn Class Methods 使用可能 10.4 参照 例文

loadNonExecutablePlugIns

解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIPlugIn Class Methods 使用可能 10.4 参照 例文

loadAllPlugIns

** 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIPlugIn Class Methods 使用可能 10.4 参照 例文

setROISelector:

** -(void)setROISelector:(SEL)aMethod: 解説 調査中... 返り値 ( void ) なし 引数 ( SEL )aMethod フレームワーク QuartzCore クラス CIKernel Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

name

** 解説 調査中... 返り値 ( NSString * ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIKernel Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

kernelsWithString:

ひとつ以上のカーネルルーチンからCIKernelオブジェクトを作ります +(CIKernel *)kernelsWithString:(NSString *)s: 解説 ひとつ以上のカーネルルーチンからCIKernelオブジェクトを作ります。 返り値 ( CIKernel * ) カーネル 引数 ( NSString * )s フレーム…

setImage:dirtyRect:

** -(void)setImage:(CIImage *)im: dirtyRect:(CGRect)r: 解説 画像加算機(アキュームレーター)の内容を特定の画像オブジェクトと特定の変更リージョンの内容へセットする。 返り値 ( void ) なし 引数 ( CIImage * )im ( CGRect )r フレームワーク Quart…

setImage:

** -(void)setImage:(CIImage *)im: 解説 特定の画像オブジェクトのコンテンツへ画像加算機のコンテンツをセットします。 返り値 ( void ) なし 引数 ( CIImage * )im フレームワーク QuartzCore クラス CIImageAccumulator Instance Methods 使用可能 10.4 …

initWithExtent:format:

** -(id)initWithExtent:(CGRect)r: format:(CIFormat)f: 解説 特定の範囲とピクセルフォーマットで画像加算機を初期化します。 返り値 ( id ) オブジェクト() 引数 ( CGRect )r ( CIFormat )f フレームワーク QuartzCore クラス CIImageAccumulator Insta…

image

** 解説 画像加算機のコンテンツを返します。 返り値 ( CIImage * ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIImageAccumulator Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

format

** 解説 調査中... 返り値 ( CIFormat ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIImageAccumulator Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

extent

** 解説 調査中... 返り値 ( CGRect ) なし 引数 フレームワーク QuartzCore クラス CIImageAccumulator Instance Methods 使用可能 10.4 参照 例文

imageAccumulatorWithExtent:format:

** +(CIImageAccumulator *)imageAccumulatorWithExtent:(CGRect)r: format:(CIFormat)f: 解説 調査中... 返り値 ( CIImageAccumulator * ) なし 引数 ( CGRect )r ( CIFormat )f フレームワーク QuartzCore クラス CIImageAccumulator Class Methods 使用可…