Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

0-05-26から1日間の記事一覧

AudioDeviceRemoveIOProc

** 解説 与えられたAudioDeviceのAudioDeviceIOProcを登録解除する 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardware 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDeviceRead

** 解説 与えられた時間から始まるAudioDeviceからのいくつかのデータを読む 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardware 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDeviceGetPropertyInfo

** 解説 与えられたAudioDeviceプロパティについての情報を取り出す 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardware 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDeviceGetProperty

オーディオデバイスのプロパティを得る 解説 オーディオデバイスのプロパティを得る 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardware 使用可能 10.0 参照 例文 err = AudioDeviceGetProperty(device, 0, TRUE, kAudioDevicePropertyBufferSize, …

AudioDeviceGetNearestStartTime

** 解説 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardware 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDeviceGetCurrentTime

** 解説 AudioDeviceから現在の時間を登録します。 注意、デバイスは動いていないといけない 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardware 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDeviceAddPropertyListener

** 解説 与えられたプロパティが変更するときレシーバーへ通知する与えられたAudioDevicePropertyListenerProcを登録します。 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardware 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDeviceAddIOProc

指定したデバイスのコールバック関数を登録します extern OSStatus AudioDeviceAddIOProc ( AudioDeviceID inDevice , AudioDeviceIOProc inProc , void* inClientData ); 解説 指定したデバイスのコールバック関数を登録します。 返り値 引数 ( AudioDevice…

AudioGetHostClockMinimumTimeDelta

解説 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス HostTime 使用可能 10.0 参照 例文

AudioGetHostClockFrequency

解説 ティック/秒をホスト時間ベースで得ます。 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス HostTime 使用可能 10.0 参照 例文

AudioGetCurrentHostTime

解説 現在のホスト時間を得ます。 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス HostTime 使用可能 10.0 参照 例文

AudioConvertNanosToHostTime

解説 与えられたナノ秒をホスト時間に変換します。 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス HostTime 使用可能 10.0 参照 例文

AudioConvertHostTimeToNanos

解説 与えられたホストタイムをナノ秒に変換します 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス HostTime 使用可能 10.0 参照 例文

AudioHardwareStreamsDied

** 解説 いくつかのAudioStreamsがどこかへいったことをHALに伝えます。 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardwarePlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioHardwareStreamsCreated

** 解説 新しいAudioStreamsが入って来たことをHALに伝える 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardwarePlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioHardwareStreamPropertyChanged

** 解説 プラグイン所有のAudioStreamのプロパティが変更されたのをHALに伝えます。 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardwarePlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioHardwareClaimAudioStreamID

** 解説 新しいAudioStreamIDを保持する 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardwarePlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioObjectsPublishedAndDied

** 解説 いくつかのAudioObjectsと他が発行されたり壊されたりをHALに伝えます。 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardwarePlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioObjectPropertiesChanged

** 解説 与えられたAudioObjectでプロパティが変更されたのをHALに知らせます。 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardwarePlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioObjectCreate

** 解説 AudioObjectの新しいインスタンスを作ります。 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardwarePlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioHardwareDevicesDied

** 解説 いくつかのAudioDevicesがどこかにいったことをHALに伝えます。 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardwarePlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioHardwareDevicePropertyChanged

** 解説 AudioDeviceプロパティ所有のプラグインが変更されたことをHALに知らせる 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardwarePlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioHardwareClaimAudioDeviceID

** 解説 新しいAudioDeviceIDを蓄える 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioHardwarePlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDriverPlugInStreamSetProperty

** 解説 与えられたデータを使って与えられたプロパティの値の変更をAudioStreamオブジェクトに知らせる 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioDriverPlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDriverPlugInStreamGetProperty

** 解説 与えられたプロパティと場所で与えられたバッファにAudioStreamオブジェクトのデータをゲットするためクエリ 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioDriverPlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDriverPlugInOpen

** 解説 ドライバプラグインの新しいインスタンスを作ります。 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioDriverPlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDriverPlugInStreamGetPropertyInfo

** 解説 AudioStreamの与えられたプロパティについての情報を取り出す。 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioDriverPlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDriverPlugInDeviceSetProperty

** 解説 提供されたデータを使って与えられたプロパティの値を変えるようAudioDeviceオブジェクトに言う 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioDriverPlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDriverPlugInDeviceGetPropertyInfo

** 解説 AudioDeviceの与えられたプロパティについての情報を取り出す 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioDriverPlugIn 使用可能 10.0 参照 例文

AudioDriverPlugInDeviceGetProperty

** 解説 提供されたバッファにそれを配置する与えられたプロパティでAudioDeviceオブジェクトデータを得るためのクエリ 返り値 引数 フレームワーク CoreAudio クラス AudioDriverPlugIn 使用可能 10.0 参照 例文