Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

name

通知の名前を返します

解説

通知の名前を返します。
通知名はどんな文字列でも良いですが、名前の重複を避けるため、先頭にアプリケーションで特有の文字をつけるのがよいです。

返り値

( NSString * )

名前

引数

クラス

NSNotification

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
//デフォルトの通知センターをnCenterに
NSNotificationCenter *nCenter =[NSNotificationCenter defaultCenter];
//通知を作る
NSNotification *notifi = [NSNotification notificationWithName:@"NSWindowDidResizeNotification" object:nil];

//nCenterにオブザーバーを加える
[nCenter addObserver:self//これを呼び出す
            selector:@selector(windowResize:) //呼び出されるメソッド
            name:@"NSWindowDidResizeNotification" //ウインドウがリサイズされたら
            object:nil];
//nCenterにオブザーバーを加える
[nCenter addObserver:myOutlet//NotifiObjectクラス
            selector:@selector(windowResize:) //呼び出されるメソッド
            name:@"NSWindowDidResizeNotification" //ウインドウがリサイズされたら
            object:nil];

//通知センターに通知を送る
[nCenter postNotification:notifi];

NSLog([notifi name]);
}
//通知されたときのメソッド
- (void)windowResize:(NSNotification *)notification
{
NSLog(@"MyObject");
}
@end