Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

-getObjects:

Foundation>NSArray>

配列をaBufferで示されたバッファにコピーします

Objective-C

-(void)getObjects:(id [])aBuffer

swift

func getObjects(_ aBuffer: AutoreleasingUnsafeMutablePointer<AnyObject?>)

解説

バッファオーバーランの可能性があるので廃止なりました。
OS X 10.6まで
iOS 4.0まで

配列をaBufferで示されたバッファにコピーします。
レファレンスカウンタの値は変化しません。

返り値

Objective-C

( void )

なし

swift


なし

引数

( id * )aBuffer

バッファのポインタ

クラス

NSArray

Instance Methods

使用可能

10.0〜10.6
iOS 2.0〜4.0

参照

+ arrayWithObjects:count:

関連記事


NSArray Class Reference

例文

Objective-C

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
id buffer;
[[[NSArray alloc] initWithObjects:@"a",@"b",@"c",nil] getObjects:&buffer];

NSLog([buffer description]);
}

@end