Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

proximitySensingEnabled

近接センサーが有効かどうかのブール値

iPhone3.0で使用中止

@property(nonatomic, getter=isProximitySensingEnabled) BOOL proximitySensingEnabled

解説

近接センサーが有効かどうかのブール値
proximityMonitoringEnabledとUIDeviceのproximityStateプロパティは置き換えられました。

近接センサーが有効ならYES、そうでなければNOを返します。
有効な近接センサーは、ユーザーの顔が近付いたときスクリーンにブランクになる必要があると伝えます。
近接センサーはデフォルトでは有効です。

クラス

UIApplication

Instance Methods

使用可能

iPhone2.0、ただしiPhone3.0で使用中止

参照

例文

- (void)applicationDidFinishLaunching:(UIApplication *)application {
	
	// Configure and show the window
	
	[window addSubview:[navigationController view]];
	[window makeKeyAndVisible];
	
	//近接センサー
	if ([application proximitySensingEnabled]){NSLog(@"YES");}else{NSLog(@"NO");}


	NSLog(@"%@",[[UIApplication sharedApplication] description]);
}