Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setStatusBarOrientation:animated:

-(void)setStatusBarOrientation:(UIInterfaceOrientation)interfaceOrientation
                    animated:(BOOL)animated

解説

stasusBarOrientationプロパティの値を変更する、ステータスバーを回転するときにこのメソッドを呼ぶ。animatedにYESをセットするとアニメーションする。
もしあなたのアプリケーションがウインドウの内容を回転可能なら、あなたはこのメソッドを使ってステータスバーの向きを特定の方向にセットする
ステータスバーの向きはこのメソッドによってセットされる。デバイスの向きの変更によって変更されない。

返り値

( void )

引数

( UIInterfaceOrientation )interfaceOrientation

ステータスバーの指定の向き。
詳しくはUIInterfaceOrientationを見てください。
デフォルトの値はUIInterfaceOrientationPortrait

( BOOL )animated

新しい方向にするときにアニメーションするならYESをセットする。アニメーションしないならNOをセットする。

クラス

UIApplication

Instance Methods

使用可能

iPhone OS 2.0 以降.

参照先

@property statusBarOrientation
@property statusBarOrientationAnimationDuration
typedef double NSTimeInterval;

定義

UIApplication.h

例文

例文

//ステータスバースタイルの表示/非表示
	
	
	[application setStatusBarOrientation:UIInterfaceOrientationLandscapeLeft animated:YES];
	//UIInterfaceOrientationPortrait           = UIDeviceOrientationPortrait,
    //UIInterfaceOrientationPortraitUpsideDown = UIDeviceOrientationPortraitUpsideDown,
    //UIInterfaceOrientationLandscapeLeft      = UIDeviceOrientationLandscapeRight,
    //UIInterfaceOrientationLandscapeRight     = UIDeviceOrientationLandscapeLeft

	switch (application.statusBarOrientation){
		case UIInterfaceOrientationPortrait:
			NSLog(@"UIInterfaceOrientationPortrait");
			break;
		case UIInterfaceOrientationPortraitUpsideDown:
			NSLog(@"UIInterfaceOrientationPortraitUpsideDown");
			break;
		case UIInterfaceOrientationLandscapeLeft:
			NSLog(@"UIInterfaceOrientationLandscapeLeft");
			break;
		case UIInterfaceOrientationLandscapeRight:
			NSLog(@"UIInterfaceOrientationLandscapeRight");	
			break;
		default:
			NSLog(@"default");
	}
	NSLog(@"%f",application.statusBarOrientationAnimationDuration);