Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

parser:didEndElement:namespaceURI:qualifiedName:

エレメントの終了を見つけたときに呼び出されます
-(void)parser:(NSXMLParser *)parser:
                didEndElement:(NSString *)elementName:
                namespaceURI:(NSString *)namespaceURI:
                qualifiedName:(NSString *)qName:

解説

エレメントの終了を見つけたときに呼び出されます。
デリゲートでの実装

返り値

( void )

なし

引数

( NSXMLParser * )parser

パーサー

( NSString * )elementName

エレメント名

( NSString * )namespaceURI

名前空間

( NSString * )qName

クラス

NSXMLParser

Instance Methods

使用可能

10.3

参照

例文

//エレメント終了
- (void)parser:(NSXMLParser *)parser didEndElement:(NSString *)elementName namespaceURI:(NSString *)namespaceURI qualifiedName:(NSString *)qName
{
    NSLog( @"didEndElement : %@, %@, %@", elementName, namespaceURI, qName );

}