Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

fileHandleForReadingAtPath:

Index>Foundation>NSFileHandle

指定したパスを読む事ができるファイルハンドルを作って初期化して返します
+(id)fileHandleForReadingAtPath:(NSString *)path:

解説

指定したパスを読む事ができるファイルハンドルを作って初期化して返します。
ファイルポインタは、ファイルの開始位置にセットされます。
返されるオブジェクトは読み込みメッセージ(NSFileHandleのread...)にのみ対応します。

返り値

( id )

ファイルハンドル(読み込みのみ)

引数

( NSString * )path

ファイル、デバイス、名前がつけられたソケットのファイルパス

クラス

NSFileHandle

Class Methods

使用可能

10.0

参照

- availableData
- initWithFileDescriptor:
- readDataOfLength:
- readDataToEndOfFile

例文

handle = [NSFileHandle fileHandleForUpdatingAtPath:[str1 stringByExpandingTildeInPath]];