Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

raise:format:arguments:

Index>Foundation>NSException

名前(name)、フォーマット(format)、値リスト(argList)で例外を発生させます
+(void)raise:(NSString *)name:
             format:(NSString *)format:
             arguments:(va_list)argList:

解説

名前(name)、フォーマット(format)、値リスト(argList)で例外を発生させます。
フォーマットはvprintfの形式
ユーザー定義の情報は、nil。

返り値

( void )

なし

引数

( NSString * )name

名前

( NSString * )format

フォーマット

( va_list )argList

値リスト

クラス

NSException

Class Methods

使用可能

10.0

参照

- raise
+ raise:format:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
va_list vList;
vList = dynamicArgument(5 , 10 , 20 , 30 , 40,100);

[NSException raise:@"errName" format:@"%d" arguments:vList];
}

va_list dynamicArgument(int arg_num , ...) {
	va_list args;
	int p , count;
	if (arg_num < 1) return nil;
	va_start(args , arg_num);
        
        printf("項目数 = %d\n" , arg_num);
	for (count = 0 ; count < arg_num ; count++) {
		p = (int)va_arg(args , int *);
		printf("第%d引数 = %d\n" , count + 2 , p);

	}

	va_end(args);
	return args;
}
@end