読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

activateFileViewerSelectingURLs:

ApplicationKit NSWorkspace

INDEX>AppKit>NSWorkspace

Finderで指定したファイルを選択・表示します。

Objective-C

- (void)activateFileViewerSelectingURLs:(NSArray *)fileURLs

Swift

func activateFileViewerSelectingURLs(_ fileURLs: [AnyObject])

解説

Finderで指定したファイルを選択・表示します。

返り値

なし

引数

ファインダで選択・表示されるファイル
Objective-C

(NSArray *)fileURLs

Swift

(_ fileURLs: [AnyObject])

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWorkspace

使用可能

10.6-

更新時のバージョン

OS X 10.10

参照

関連記事(外部サイト)

例文

Objective-C

Swift

    //NSWorkspace activateFileViewerSelectingURLs
    @IBAction func function015(sender: AnyObject) {
        //ファイルを選択
        var openPanel = NSOpenPanel()
        openPanel.allowsMultipleSelection = false
        openPanel.canChooseDirectories = false
        openPanel.canCreateDirectories = false
        openPanel.canChooseFiles = true
        openPanel.beginWithCompletionHandler { (result) -> Void in
            //オープンパネルでOKを選択したら
            if result == NSFileHandlingPanelOKButton {
                //選択したファイルを
                let theWorkspace : NSWorkspace = NSWorkspace.sharedWorkspace()
                theWorkspace.activateFileViewerSelectingURLs(openPanel.URLs)
            }//if result
        }//openPanel.beginWithCompletionHandler
    }