読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

Button Return Values

ApplicationKit NSAlert

INDEX>AppKit>NSAlert

ボタンの値

Objective-C

enum {
   NSAlertFirstButtonReturn  = 1000,
   NSAlertSecondButtonReturn  = 1001,
   NSAlertThirdButtonReturn  = 1002
};
Swift
var NSAlertFirstButtonReturn: Int { get }
var NSAlertSecondButtonReturn: Int { get }
var NSAlertThirdButtonReturn: Int { get }

f:id:jjj777:20150211154023p:plain

解説

アラートパネルで押されたボタン

  • NSAlertFirstButtonReturn

 10.3- 最初のボタン(一番右側)

  • NSAlertSecondButtonReturn

 10.3- 二番目のボタン(ボタンが2つの場合は左側、3つの場合は真ん中)

  • NSAlertThirdButtonReturn

 10.3- 三番目のボタン(ボタンが3つ並んでいる時の一番左側)

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSAlert

使用可能

10.3-

編集時のバージョン

OS X 10.10

参照


beginSheetModalForWindow:completionHandler: - Cocoa API解説(iOS/OS X)


関連記事(外部サイト)


Displaying Alert Dialogs

例文

Objective-C

Swift

 //NSAlert Button Return Values
    @IBAction func function018(sender: AnyObject) {
        NSLog("function018 called")
        //なにかモーダルがあっても終わり
        NSApp.abortModal()
        
        //テキストの作成
        let messageText:String = "Message text" as String
        let informativeText:String = "Information text" as String
        //NSAlertの作成
        let alert:NSAlert = NSAlert()
        alert.alertStyle = .CriticalAlertStyle
        
        //1つめのボタン
        alert.addButtonWithTitle(NSLocalizedString("Stop", comment:"停止"))
        //2つめのボタン
        alert.addButtonWithTitle(NSLocalizedString("Continue", comment:""))
        //シートを出す
        alert.beginSheetModalForWindow(window) { responseCode in
            if NSAlertSecondButtonReturn == responseCode {
                NSLog("SecondButton")
            }
        }
    }