Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

2015-04-07から1日間の記事一覧

NSScreenColorSpaceDidChangeNotification

INDEX>AppKit>NSScreen スクリーンのカラースペースが変更された時の通知 解説 スクリーンのカラースペースが変更された時に通知されます。 Swift public class let colorSpaceDidChangeNotification: NSNotification.Name フレームワーク ApplicationKit ク…

convertRectToBacking:

INDEX>AppKit>NSScreen デバイスピクセルとディスプレイの座標システムとの変換 Objective-C - (NSRect)convertRectToBacking:(NSRect)aRect Swift func convertRectToBacking(_ aRect: NSRect) -> NSRect 解説 デバイスピクセルとディスプレイの座標システ…

convertRectFromBacking:

INDEX>AppKit>NSScreen デバイスのピクセルに整理された矩形を返します。 Objective-C - (NSRect)convertRectFromBacking:(NSRect)aRect Swift func convertRectFromBacking(_ aRect: NSRect) -> NSRect 解説 デバイスのピクセルに整理された矩形を返します…

backingScaleFactor

INDEX>AppKit>NSScreen スクリーンの倍率を返します Objective-C @property(readonly) CGFloat backingScaleFactor Swift open var backingScaleFactor: CGFloat { get } 解説 スクリーンの倍率を返します。 Retinaディスプレイの場合に2.0が返されます。 設…

backingAlignedRect:options:

INDEX>AppKit>NSScreen スクリーンにしたがって整理された矩形を返します Objective-C - (NSRect)backingAlignedRect:(NSRect)aRect options:(NSAlignmentOptions)options Swift open func backingAlignedRect(_ rect: NSRect, options: AlignmentOptions = …

screensHaveSeparateSpaces

INDEX>AppKit>NSScreen スクリーンそれぞれに独立した色空間を持つかどうかを返します Swift open class var screensHaveSeparateSpaces: Bool { get } Objective-C + (BOOL)screensHaveSeparateSpaces 解説 スクリーンそれぞれに独立した色空間を持つかどう…

colorSpace

INDEX>AppKit>NSScreen カラースペースを返します Swift open var colorSpace: NSColorSpace? { get } Objective-C @property(readonly, strong) NSColorSpace *colorSpace 解説 カラースペースを返します。 返り値 Objective-C @property(readonly, strong)…