Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

TIFFRepresentationUsingCompression:factor:

指定した圧縮タイプと圧縮要素を使って、TIFFファイルフォーマットのDataを返す
-(NSData *)TIFFRepresentationUsingCompression:(NSTIFFCompression)comp:
                    factor:(float)aFloat:

解説

指定した圧縮タイプと圧縮要素を使って、TIFFファイルフォーマットのDataを返します。
(LZW圧縮ができるようですが、ライセンスがどうなっているかは不明?)
【NSTIFFCompression】
● NSTIFFCompressionNone
● NSTIFFCompressionCCITTFAX3 (1ビットのみ)
● NSTIFFCompressionCCITTFAX4 (1ビットのみ)
● NSTIFFCompressionLZW
● NSTIFFCompressionJPEG
● NSTIFFCompressionNEXT (入力のみ)
● NSTIFFCompressionPackBits
● NSTIFFCompressionOldJPEG

指定した圧縮が適用できないならば、圧縮が使われません
TIFF作成中に問題があれば例外を起こします。

返り値

( NSData * )

TIFFフォーマットのデータ

引数

( NSTIFFCompression )comp

TIFF圧縮

( float )aFloat

圧縮比

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSImage

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "SetImage.h"

@implementation SetImage

- (IBAction)set:(id)sender
{
        //Imageを作る
        NSImage      *img;
     NSData *dat;
        //OpenPanelでファイル選択   

        //NSImageを作ってファイルから読み込む
        img = [NSImage imageNamed: @"NSApplicationIcon" ];
        //レシーバimage(NSImageView)にimgをセットする
        [image setImage : img ];
        
        dat = [img TIFFRepresentationUsingCompression:NSTIFFCompressionNone factor:1.0];

}

@end