Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

textContainerForGlyphAtIndex:effectiveRange:

指定した位置のグリフが配置されるテキストコンテナを返します
-(NSTextContainer *)textContainerForGlyphAtIndex:(unsigned)glyphIndex:
           effectiveRange:(NSRange *)effectiveGlyphRange:

解説

指定した位置のグリフが配置されるテキストコンテナを返します。
effectiveGlyphRangeにnil以外の値が設定されている時はeffectiveGlyphRangeにテキストコンテナの全てのグリフが返されます。
必要な時にグリフの生成やレイアウトが行われます。

返り値

( NSTextContainer * )

テキストコンテナ

引数

( unsigned )glyphIndex

グリフ番号

( NSRange * )effectiveGlyphRange

影響するグリフ範囲

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSLayoutManager

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- setTextContainer:forGlyphRange:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
//myOutletはTextView
NSTextContainer *textContainer;
NSLayoutManager *layM;
layM = [myOutlet layoutManager];
[myOutlet insertText:@"aaaaaaaaaaaaaaaaaa"];
textContainer = [layM textContainerForGlyphAtIndex:3 effectiveRange:nil];

NSLog([textContainer className]);
}

@end