Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setAlignment:range:

属性付き文字列の配置をセットします
-(void)setAlignment:(NSTextAlignment)alignment:
                  range:(NSRange)aRange:

解説

属性付き文字列の配置をセットします。
aRangeがレシーバの範囲を越えればNSRangeExceptionを起こします。
【NSTextAlignment】
● NSLeftTextAlignment 左揃え
● NSRightTextAlignment 右揃え
● NSCenterTextAlignment センター揃え
● NSJustifiedTextAlignment ジャスティファイ
● NSNaturalTextAlignment 自動(初期設定)
NSNaturalTextAlignmentは文字の言語の自然な配置として、他の配置のうちの1つを使って表示されます。

返り値

( void )

なし

引数

( NSTextAlignment )alignment

文字配置

( NSRange )aRange

範囲

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSMutableAttributedString Additions

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- applyFontTraits:range:
- fixParagraphStyleAttributeInRange:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
NSMutableAttributedString *maStr =[[[NSMutableAttributedString alloc] initWithString:@"AttributedString" attributes:nil] autorelease];
//スタイル指定
[maStr setAlignment:NSRightTextAlignment
            range:NSMakeRange(0,[maStr length])];
        
[myOutlet setAttributedStringValue:maStr];

}

@end