Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

testPart:

指定した位置(スクローラの座標)のスクローラの部分を返します
-(NSScrollerPart)testPart:(NSPoint)aPoint:

解説

指定した位置(スクローラの座標)のスクローラの部分を返します。
【NSScrollerPart】スクローラの部分
● NSScrollerNoPart なし
● NSScrollerDecrementPage ページ減少
● NSScrollerKnob ノブ
● NSScrollerIncrementPage ページ増加
● NSScrollerDecrementLine 行減少(矢印部分)
● NSScrollerIncrementLine 行増加(矢印部分)
● NSScrollerKnobSlot スクローラが動ける部分

返り値

( NSScrollerPart )

スクローラの部分

引数

( NSPoint )aPoint

位置

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSScroller

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- hitPart
- rectForPart:

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
NSScroller *vScroller = [myOutlet verticalScroller];
[vScroller setFloatValue:0.5 knobProportion:0.3];

switch ([vScroller testPart:NSMakePoint(10,80)]){
    case NSScrollerNoPart:
        NSLog(@"NSScrollerNoPart");
        break;
    case NSScrollerDecrementPage:
        NSLog(@"NSScrollerDecrementPage");
        break;
    case NSScrollerKnob:
        NSLog(@"NSScrollerKnob");
        break;
    case NSScrollerIncrementPage:
        NSLog(@"NSScrollerIncrementPage");
        break;
    case NSScrollerDecrementLine:
        NSLog(@"NSScrollerDecrementLine");
        break;
    case NSScrollerIncrementLine:
        NSLog(@"NSScrollerIncrementLine");
        break;
    case NSScrollerKnobSlot:
        NSLog(@"NSScrollerKnobSlot");
        break;
    default:
        NSLog(@"default");
    }


}

@end