Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

splitView:constrainMinCoordinate:ofSubviewAt:

区切りを動かし終わった時区切りが動ける最小の位置を返します
-(float)splitView:(NSSplitView *)sender:
                constrainMinCoordinate:(float)proposedMin:
                ofSubviewAt:(int)offset:

解説

区切りを動かし終わった時に呼ばれます
区切りが動ける最小の位置を返します。
たとえば水平の区切りの場合で、分割ビュー(NSSplitView)の高さが200.0だった場合に30.0を返しますと、区切りを動かすことのできる範囲は上30.0から下200.0の範囲までとなります。
垂直の区切りの場合は、左が0.0となります。

返り値

( float )

区切りが動ける最小の位置

引数

( NSSplitView * )sender

オブジェクト

( float )proposedMin
( int )offset

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSSplitView

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- dividerThickness
- compositeToPoint:operation:(NSImage)

例文

#import "Split.h"

@implementation Split
-(float)splitView:(NSSplitView *)sender constrainMinCoordinate:(float)proposedMin ofSubviewAt:(int)offset
 {
 NSLog([NSString stringWithFormat:@"%.1f,%d",proposedMin,offset]);
 return proposedMin+30;
 }
 
 @end