Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

writeRTFDToFile:atomically:

指定したパスにテキストオブジェクトのデータをRTFDファイルとして書き出します
-(BOOL)writeRTFDToFile:(NSString *)path:
             atomically:(BOOL)atomicFlag:

解説

指定したパスにテキストオブジェクトのデータをRTFDファイルとして書き出します。
成功すればYESを返します。
【atomicFlag】
YESをセットすると、上書きする場合に一旦別のファイルに書き出してからファイル名を変更するので、書き出し中にエラーが起こっても元のファイルは残っている状態になります。
NOをセットすると、直接上書きします。

返り値

( BOOL )

書き出せたかYES/NO

引数

( NSString * )path

書きだすパス

( BOOL )atomicFlag

安全に書くか

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSText

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- RTFFromRange:
- RTFDFromRange:
- readRTFDFromFile:

例文

#import "Controller.h"

@implementation Controller

- (IBAction)pushButton:(id)sender
{
NSSavePanel *spanel = [NSSavePanel savePanel];

[spanel setRequiredFileType:@"rtfd"];
[spanel beginSheetForDirectory:NSHomeDirectory()
    file:nil
    modalForWindow:myWindow
    modalDelegate:self
    didEndSelector:@selector(didEndSaveSheet:returnCode:conextInfo:)
    contextInfo:NULL];
}
-(void)didEndSaveSheet:(NSSavePanel *)savePanel returnCode:(int)returnCode conextInfo:(void *)contextInfo
{
if (returnCode == NSOKButton){
[myOutlet writeRTFDToFile:[ savePanel filename ] atomically:YES];
NSLog(@"OK");
}else{
NSLog(@"Cansel");
}
}
@end