Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

setAllowedTypes:

**

-(void)setAllowedTypes:(NSArray *)allowedTypes:

解説

セルが編集可能な時にパスで許可されるコンポーネントタイプをセットします。
配列allowedTypesはファイル拡張子(先頭にピリオドはいらない)またはUTIを含むことができる。
フォルダへの適用には、「public.folder」を含める。全てのタイプを許可する場合はnilを使う。
もしallowedTypesの値が空の配列なら、何も許可されない。デフォルトの値はnil、全てのタイプを許可する。
許可されたタイプはオープンパネルに他のタイプを除去して渡す。
許可されたタイプはドロップが許可されていればドラッグドロップにも使われる

返り値

( void )

引数

( NSArray * )allowedTypes

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSPathCell

使用可能

10.5

参照

例文