Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

writeToFile:atomically:updateFilenames:

ファイルに書き込みます
-(BOOL)writeToFile:(NSString *)path:
             atomically:(BOOL)atomicFlag:
             updateFilenames:(BOOL)updateNamesFlag:

解説

ファイルに書き込みます。
書き込めればYESを返します。書き込めなければNOを返します。
atomicFlagにYESをセットすると安全に書き込みます(別のファイルに書いてから、リネームして元ファイル削除)
updateNamesFlagにYESをセットすると、うまく書き込めた後このファイルラッパーの持つパスを新しいファイルに書き換えます。

返り値

( BOOL )

YES/NO

引数

( NSString * )path

ファイルパス

( BOOL )atomicFlag

安全に書き込むか

( BOOL )updateNamesFlag

ファイルラッパーのパスを更新するか

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSFileWrapper

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- filename

例文

#import "MyObject.h"

@implementation MyObject

- (IBAction)myAction:(id)sender
{
    //ファイルラッパー
    NSFileWrapper *theWrapper = [[[NSFileWrapper alloc] initWithPath:[[NSBundle mainBundle]
                                    pathForResource:@"image" ofType:@"tiff"]] autorelease];
    NSLog([theWrapper filename]);
    if ([theWrapper writeToFile:@"/testWriteImage.tiff" atomically:YES updateFilenames:YES])
    {
    NSLog(@"YES");
    }else{
    NSLog(@"NO");
    }
    NSLog([theWrapper filename]);
}

@end