Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

dataWithEPSInsideRect:

ウインドウ内の指定した範囲をEPSデータにして返します
-(NSData *)dataWithEPSInsideRect:(NSRect)aRect:

解説

ウインドウ内の指定した範囲(aRect)をEPSデータにして返します。
ペーストボードに置いたり、ファイルに描いたり、NSImageにしたりできます。

返り値

( NSData * )

EPSデータ

引数

( NSRect )aRect

EPSデータにする範囲

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSWindow

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- dataWithEPSInsideRect:(NSView)
-writeEPSInsideRect:toPasteboard:(NSView)

例文

NSData *data = [myWindow dataWithEPSInsideRect:[myWindow frame]];