Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

getLineStart:end:contentsEnd:forRange:

INDEX>Foundation>NSString>

指定した範囲の行の開始・終了・終了位置から改行文字を除いた位置を参照で返します
-(void)getLineStart:(NSUInteger *)startIndex
             end:(NSUInteger *)lineEcdIndex
             contentsEnd:(NSUInteger *)contentsEndIndex
             forRange:(NSRange)aRange

解説

指定した範囲が含まれる行の開始文字位置、終了文字位置、終了位置から改行文字を除いた終了位置を参照で返します。
改行記号として使用される文字コード
● U+000D(\rまたはCR)
● U+2028(ユニコードラインセパレーター)
● U+000A(\nまたはLF)
● U+2029(ユニコードパラグラフセパレーター)
● \r\nまたはCRLF

返り値

( void )

なし

引数

( NSUInteger * )startIndex

行の開始文字位置

( NSUInteger * )lineEcdIndex

行の終了文字位置

( NSUInteger * )contentsEndIndex

改行文字を除いた行の終了文字位置

( NSRange )aRange

範囲

クラス

NSString

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

- lineRangeForRange:
- substringWithRange:

例文

#pragma mark stringByReplacingCharactersInRange:withString:
-(NSString *)method067
{
    
    NSUInteger lineStart,lineEnd,contentsEnd;
    NSString *str = [NSString stringWithString:@"stringエnline2エnline3"] ;
    [str 		getLineStart:	&lineStart
                    end:		&lineEnd
            contentsEnd:	&contentsEnd
               forRange:	NSMakeRange(8,3)];
    NSString *str1 = [[NSString alloc] initWithFormat:@"lineStart=%ld,lineEnd=%ld,contentsEnd=%ld",lineStart,lineEnd,contentsEnd]  ;                            


    return str1;//lineStart=0,lineEnd=20,contentsEnd=20
}