Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

autosavedContentsFileURL

直近に自動保存したドキュメントの場所を返します

解説

直近に自動保存したドキュメントの場所を返します。
このメソッドのデフォルトの実装はsetAutosavedContentsFileURL:のデフォルトの実装の以前の起動によって返される

返り値

( NSURL * )

なし

引数

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSDocument

Instance Methods

使用可能

10.4

参照

-setAutosavedContentsFileURL:

例文