Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

drawAtPoint:withAttributes:

文字列を指定した位置に表示します
-(void)drawAtPoint:(NSPoint)aPoint
          withAttributes:(NSDictionary *)attributes

解説

文字列を表示します。
現在フォーカスしているビューの指定した位置に属性を付加して文字列を表示します。

返り値

( void )

なし

引数

( NSPoint )aPoint

位置

( NSDictionary * )attributes

属性の辞書
● NSFontAttributeName フォント属性(NSFont)
● NSParagraphStyleAttributeName 段落スタイル(NSParagraphStyle)
● NSForegroundColorAttributeName 描画色(NSColor, default blackColor)
● NSUnderlineStyleAttributeName 下線(int)
● NSSuperscriptAttributeName スーパースクリプト(int)
● NSBackgroundColorAttributeName 背景色(NSColor)
● NSAttachmentAttributeName アタッチメント値(NSTextAttachment)
● NSLigatureAttributeName リガチャ値(int)
● NSBaselineOffsetAttributeName ベースラインオフセット値(float)
● NSKernAttributeName カーニング値(float)
● NSLinkAttributeName リンク
● NSCharacterShapeAttributeName 文字シェイプ(int?)
以下は10.2以降
● NSGlyphInfoAttributeName グリフ情報

フレームワーク

ApplicationKit

クラス

NSString Additions

Instance Methods

使用可能

10.0

参照

例文

#import "MyObject.h"
@implementation MyObject
- (IBAction)myAction:(id)sender
{
NSString *aString = @"string";
			NSDictionary *attributes = 
				[NSDictionary dictionaryWithObjectsAndKeys: 
						[NSFont boldSystemFontOfSize:[NSFont systemFontSize]] , NSFontAttributeName
						,nil];
			


NSString *aString = @"string";
 [image lockFocus];

	[aString drawAtPoint:NSMakePoint(30,30) withAttributes: attributes];
 [image unlockFocus];
}
@end