Cocoa API解説(macOS/iOS)

iOS , Mac アプリケーション開発のために使われる主要フレームワークの日本語情報です。

目次

writeToURL:options:error:

INDEX>Foundation> NSData

レシーバーのバイトを指定されたURLに書き込みます

Objective-C

-(BOOL)writeToURL:(NSURL *)aURL
          options:(unsigned int)mask
          error:(NSError **)errorPtr

Swift


    

解説

レシーバーのバイトを指定されたURLに書き込みます。
maskパラメータオプションはデータを読むオプションで詳細は“Constants”にあります。
データ読み込み中にエラーが起こればerrorPtrにエラーの内容を入れて返します。

返り値

Objective-C

( BOOL )

Swift


    


YES/NO

引数

Objective-C

( NSURL * )aURL

Swift


    

Objective-C

( unsigned int )mask

Swift


    

Objective-C

( NSError ** )errorPtr

Swift


    

クラス

NSData

使用可能

10.4

参照

関連記事(外部サイト)

更新時バージョン

OS X 10.10
iOS 8.0

例文